整備士資格|資格証(合格証明書)や整備士手帳を失くしたら、どうすればいいの?

整備士の資格整備士専門転職・求人サイトならではの、複雑な整備士資格の種類や違い、受験要件など紹介!

資格証(合格証明書)や整備士手帳を失くしたら、どうすればいいの?

資格証(合格証明書)や整備士手帳を失くしたら、どうすればいいの?

自動車整備士資格を証明する書類には、「合格証明書」と「整備士手帳」があります。

合格証明書も整備士手帳も失くしてしまう可能性がありますし、紛失した場合どのようにしたら良いのかを知っておく必要があります。
では、合格証明書と整備士手帳を紛失してしまった場合、どのようにしたら良いのでしょうか。

合格証明書は再発行が出来ない

合格証明書ですが、これは再発行してもらうことが出来ません。

合格証明書は再発行してもらうことは出来ませんが、その代わりに技能検定合格証明願を自動車整備振興会に提出することで、自動車整備振興会がその書類に判子をし、技能検定合格証明願が証明書の代わりになります。

合格証明願の提出は難しいわけではなく、紛失した理由も聞かれることはありませんので、時間を必要としていますが簡単に証明されるようになっています。

申請書類は、お住まいの地域の自動車整備振興会に問合せするか、または各地域の自動車整備振興会のホームページから入手が可能です。

合格証明書は再発行してもらうことができない、一生に一度の大事な書類です。
記念のものでもありますし、自分のスキルを証明するための大事な書類になりますので、不可抗力の場合は仕方がありませんが、自分の不注意により紛失してしまうのは良くありませんので、紛失しないよう厳重に保管しましょう。

整備士手帳は再発行が可能

整備士手帳は再発行してもらうことが可能です。

整備士手帳の場合、紛失以外にも仕事柄汚れてしまう可能性が高いですので、汚れがひどくなってしまった場合などでも再発行手続きができます。

再発行の方法ですが、整備士手帳に使用する写真と合格証明書、そして再発行の手数料が必要となります。
合格証明書がない場合、技能検定合格証明願で大丈夫ですので合格証明書も紛失している場合には、最初に技能検定合格証明願を行ってください。

整備士手帳を再発行してもらうには、整備振興会に用意されている自動車整備技能者手帳申込書を記入し、必要な書類を提示することで再発行してもらえるようになります。

整備士手帳はその場ですぐに発行してもらえるわけではありません。
整備士資格を証明する大事な書類になりますので、大事に保管し紛失しないように注意しましょう。

CLUTCH(クラッチ)求人編集部
CLUTCH(クラッチ)求人編集部

整備士の転職に関する迷いと悩みを解決するための情報を、編集部が厳選してお届けします。

会員登録はこちら(無料)