整備士転職ノウハウ|整備の仕事中にミスで車を破損したら自分で弁償するの?

自動車整備の仕事Q&A整備士専門転職・就職サイトならではの、転職成功の秘訣から、不安や悩みを解決する方法まで、ノウハウを紹介!

さん

整備の仕事中にミスで車を破損したら弁償する必要はあるんですか?

整備の仕事に関する様々なご質問をクラッチ求人編集部がお答えします。

一般的には会社(整備工場)が加入している保険が適応されます

修理中にどんなに注意をしていてもミスをしてしまうことはあります。
そのミスによってパーツが破損したり車が凹んでしまったりなどとお客様に迷惑をかけてしまうこともあります。

破損したパーツや自動車は基本的に会社(整備工場)がお客様に保証することになります。

そこで、質問者Bさんが心配になってしまうことは、「ミスした本人(整備士)が弁償するのかどうか」だと思います。

まずは、そのミスが

  • 故意(意図的に、わざと行った行為)・重過失(著しい注意義務違反のための起こったミス)
  • 軽過失(通常その仕事をしていれば起こっても仕方が無いようなミス)

のどちらなのかによって、大きくかわってきます。

故意・重過失で起こったミスによって破損し、会社(整備工場)がお客様に保証しなければならない場合には、会社(整備工場)より、そのミスを起こした整備士に請求され、弁償(保障)する必要が出てきます。

軽過失の場合は、一般的には会社(整備工場)が加入している「自動車管理者賠償責任保険」等によって、保険会社より保険金が支払われるため、整備士がすべてを弁償することはありません。

ただし、このような保険には保険会社に対して会社(整備工場)が支払う掛け金の他に、一回の事故につき定められる自己負担額がかかるため、この分を整備士が負担するのか、会社が負担するのかは、そのミスの内容(過失の具合)や会社の従業員に対する考え方などによって様々です。

大手ディーラーや大きい整備工場(車検場)・中古車販売店などはよほどのことがない限り整備士が負担することはありませんが、町の個人の整備工場などは保険に加入しておらず、ミスに関わった整備士が負担する場合もあるので、入社前にそのあたりは確認しておくとよいでしょう。

弁償などに関しては、入社前にしっかり聞いておく、または「就業規則」などを確認しておきましょう

仕事をしている中で、どんなに注意をしながら業務を行っていても、ちょっとしたミスは起こってしまいます。

全ての弁償が自分負担になると金銭的にも非常に辛い状態になってしまうので、破損の際などの保証に関しては、面接時に担当者に聞いてみることや、入社時に「就業規則」などをしっかり確認しておきましょう。

大前提として、ミスをすればお客様や会社(整備工場)に迷惑をかけてしまうので、できるだけミスが発生しないように常に心がけて仕事を行うようにしましょう。

整備士の仕事Q&A

自動車整備士の仕事を知る!整備の仕事Q&A
イキイキと働く整備士の声
CLUTCH(クラッチ)求人編集部
CLUTCH(クラッチ)求人編集部

整備士の転職に関する迷いと悩みを解決するための情報を、編集部が厳選してお届けします。

会員登録はこちら(無料)