整備士転職ノウハウ|整備士の転職!応募書類を準備しよう~履歴書と職務経歴書の違い~

整備士転職ノウハウ整備士専門転職・就職サイトならではの、転職成功の秘訣から、不安や悩みを解決する方法まで、ノウハウを紹介!

整備士の転職!応募書類を準備しよう~履歴書と職務経歴書の違い~
求人応募に必要な書類
履歴書と職務経歴書の違いってなに?
資格者証の写しってなに?
書類を郵送する時には送り状をつけましょう

履歴書と職務経歴書の役割の違いを皆さんご存じですか?
同じような内容を記入する書類ですが、書き方や採用担当者がチェックするポイントが実は違っていたりします。整備士の転職に特化したクラッチ求人編集部が、応募書類の書き方・すぐ使える例文集をご用意しましたので参考にして下さい。

求人応募に必要な書類

求人に応募するときには一般的に

  • 履歴書
  • 職務経歴書

が必要になります。

最近では応募必要書類に「履歴書」のみとなっていた場合でも、「職務経歴書」も履歴書と一緒に提出することが一般的になっています。

また、整備士など特定の資格が必要な求人の場合には必要書類に

  • 資格者証の写し(コピー)

と記載がある場合もありますので、忘れずに提出しましょう。

応募必要書類に記載はないですが・・・

必要書類にはほとんど書かれていることはありませんが、書類を郵送するときには

  • 送り状(または添え状)

を必ず一緒に送るようにしましょう。送り状が一緒に送られてくるかどうかで、採用担当者の印象は大きく変わります。

履歴書と職務経歴書の違いってなに?

一般的に「履歴書」は、氏名や住所、生年月日などの基本的な情報や学歴、職歴などを自己紹介の意味を込めて記入するものです。

一方で「職務経歴書」は、具体的に今までどのような会社でどのような仕事をし、どんな経験やスキルを身につけたかを中心に、自分を相手により知ってもらう、アピールするために履歴書を更に詳しく書くものです。

まずは職務経歴書を作った後に、書いた内容を簡単にまとめて履歴書に書くとスムーズに作成できます。職務経歴書に詳しく書くからといって、履歴書を空白にしてしまうと大変印象が悪いので、同じ内容だったとしても、履歴書・職務経歴書の両方にしっかりと記入しましょう。

ポイント

履歴書と職務経歴書の違い

履歴書と職務経歴書の違いを簡単にまとめると下のような違いがあります。

履歴書 職務経歴書
書式 決められた書式に記入。 決められた書式がなく書き方が自由なので相手の事を考えたわかりやすい書き方を工夫する必要がある。
職歴 概要を記入する。
(勤務先の社名・部署や入退社年月日)
履歴書の内容にプラスして、担当していた仕事の詳細やその仕事を通じて学んだこと、スキルなどを詳しく記入。
志望動機 志望動機と自己PRが一つの欄になっていることが多い。
一般的に読みやすい文字の大きさだと150~300文字程度が好ましい。
履歴書では文字数に制限がありますが、職務経歴書は書式が自由なため制限がない。
履歴書に書いた内容と同じではなく、より具体的に記入する必要がある。
自己PR
書類の枚数 書式によって違う。 A4 2~3枚程度。

採用担当者がチェックするポイントの違い

履歴書と職務経歴書では、採用担当者がチェックするポイントが少し違います。
チェックされるポイントを意識しながら応募書類を作りましょう。

履歴書でチェックされるポイント

  • 通勤可能な場所に住んでいるか
  • 学歴や保有資格が求人の内容に見合っているか
  • 転職回数が多くなく、長く勤めてくれそうか
  • 丁寧な字で書いているか
  • 記入方法など、一般常識があるかどうか

職務経歴書でチェックされるポイント

  • 会社が求めるスキル(経験)を持っているか
  • 仕事に対して意欲があるか
  • 業務に発揮できるアピールポイントがあるか
  • 転職の目的がしっかりしているか

資格者証の写しってなに?

整備士や自動車検査員などの求人には「資格者証の写し」と応募必要書類に記載がある場合があります。
写しとはコピーのことです。

保有している資格の資格者証をコピーして履歴書や職務経歴書と一緒に提出しましょう。

ポイント

【例】整備士の資格者証の名称

  • 自動車整備士の資格者証
  • 正式には「自動車整備士技能検定合格証書」又は「自動車整備技能登録試験合格証書」

  • 自動車検査員の資格者証
  • 正式には「自動車検査員教習修了証」

コピーするときの注意点

  • コピーは白黒で問題はありません。
  • コピーする時の用紙のサイズはA4(職務経歴書と同じサイズ)が好ましい。

書類を郵送する時には送り状をつけましょう

就職活動や転職活動で求人に応募する時に履歴書や職務経歴書だけを封筒に入れて郵送していませんでしたか?
実はこれは転職活動ではマナー違反で、採用担当者への印象を悪くしていたかもしれません。

ポイント

送り状とはなにか

一般的に企業(会社)へ書類を郵送する場合には送り状(送付状や添え状とも言います)を一緒に送るのがマナーです。
送り状とは、履歴書など応募書類に限らず、書類を郵送やFAXなどする時に同封する用紙のことです。

送付状に書く内容としては

  • 誰から誰あてに送る書類なのか
  • どのような書類を何枚送ったのか
  • 補足事項がある場合、補足事項

などを記入して一緒に送ります。

送り状を1枚一緒に送るだけで採用担当者に「礼儀ただしい人」や「しっかりした人」という良い印象を与える事ができます。たったひと手間ですが面倒くさがらずに準備するようにしましょう。

CLUTCH(クラッチ)求人編集部
CLUTCH(クラッチ)求人編集部

整備士の転職に関する迷いと悩みを解決するための情報を、編集部が厳選してお届けします。

会員登録はこちら(無料)