整備士転職ノウハウ|整備士への転職の際に履歴書や面接の志望動機で評価を下げるNGワード例

整備士転職ノウハウ整備士専門転職・就職サイトならではの、転職成功の秘訣から、不安や悩みを解決する方法まで、ノウハウを紹介!

整備士への転職の際に履歴書や面接の志望動機で評価を下げるNGワード例

あなたの志望動機はNGポイントに当てはまっていませんか?

履歴書や面接の時の志望動機は採用の合否に大きな影響を与えるポイントです。あなたの志望動機はNGワードに引っかかっていませんか?

転職の動機や応募先の企業(工場)への応募の動機が

  • 前職(現職)に不満があるので転職したい
  • 特定のメーカーや整備士という職業への憧れから転職したい
  • 賃金、休日、福利厚生などの待遇がよいから転職したい

などの場合には注意が必要です。

実際に転職の動機が上記のポイントだったとしても、志望動機の前面に出てしまっていると危険です。

また、

  • 履歴書に書く際や面接で話す時に動機が短い、具体性がない
  • 志望動機がネガティブ
  • 受け身の姿勢

などの志望動機も採用担当者からのイメージは良くありません。

これをふまえて、具体的にNGな志望動機とその動機に対して、採用担当者がどう思うのか例を挙げながら解説していきます。

印象を悪くするNGな志望動機の具体例

前職(現職)に不満があるので転職したい

今の職場の雰囲気になじめず、環境を変えたいと思い志望しました。

雰囲気になじむ努力はしたの?
うちに来ても嫌なことがあったら、すぐに辞めちゃうんじゃないの…

今の職場は残業が多く、給料が周りの工場より安いので、他社でやり直したいと思い志望しました。

うちより給料が高い企業を見つけたらすぐに辞めちゃうの?
それに、うちも残業はあるよ…

解説

基本的に前職(現職)の不満を正直に伝えるだけでは良い印象を与えることはありません。不満などネガティブな理由で退職する場合は理由をポジティブに置き換えましょう。

また、志望動機は「なぜ応募先の企業で勤めたいのか?」を伝えるものです。他の企業にも簡単に当てはまるようなものは志望動機ではありません。

特定のメーカーや整備士という職業への憧れから転職したい

昔から自動車に興味があり、今の仕事から転職して、車関係の仕事に携わりたいと思い志望しました。

昔から興味があったなら何で今まで整備士を目指さなかったの?
それに、他にも求人出している工場たくさんあるのに、なんでうちを選んだの?

●●●車の整備に憧れがあり、憧れの車に囲まれて仕事をしたいと思い志望しました。

なんで●●●車にあこがれてるの?どんなところ?好きなことも大切だけど、仕事と趣味を勘違いしているんじゃないの?

解説

憧れを伝えることは「やる気を伝える事が出来る」というメリットもありますが、その内容が「どんなところに、どのように憧れを感じているのか」などがしっかりと、具体的に伝えられない場合は採用担当者に良い印象を与えることが出来ず、デメリットが多くなってしまいます。

憧れを伝える場合には「どんなところに」「なぜ」をしっかり考えましょう。そのうえで、 自分の経験をどう活かすのか、どんな努力をしていくのかを具体的に伝えましょう。

賃金、休日、福利厚生などの待遇がよいから転職したい

求人票での休日の日数が多く、手当などの福利厚生がしっかりしているので志望しました。

志望動機は待遇だけ?
他にもっと待遇がいい職場があったらどうするの?

解説

待遇は転職をする上で大切なポイントなのは分かります。
ただし、待遇が前面に出ている志望動機は整備士に限らず一般的に良い印象を与えません。

志望動機は応募先の企業の仕事内容や事業内容、経営理念などに合わせたものが好ましいでしょう。

履歴書に書く際や面接で話す時に動機が短い、具体性がない

貴社の理念に共感し、今までの整備経験を活かし貴社に貢献できると思い、志望しました。

理念のどこにどう共感したの?どんな経験を活かすことが出来るの?
というか、この志望動機と全く同じ内容を違う人の履歴書でよく見るなぁ…

解説

これは良くある志望動機の文章や言葉で採用担当者は同じ文章・言葉をよく見聞きしています。

応募先の企業の理念のどんな所に、どのように共感し、今までの経験をどう活かすのかを具体的にしましょう。
そのためには企業の情報収集と自分の経験(どのような車種や整備項目の整備経験があるのか)をしっかり振り返っておきましょう。

これからの自分の将来的なビジョンを見据え、自動車業界で長く安定して働きたいと思い志望しました。

将来のビジョンってなに?何をどうしたいの?自分の為だけ?

解説

自分の中にはビジョンが有ったとしても相手には全く伝わりません。

具体的に将来どうなりたいのか?そのために何を努力するのか?その自分のビジョンは応募先の企業にどのように役立つのか?を明確にしましょう。

受け身の姿勢

未経験でも就業可能とのことで、整備士の仕事に関して一から教えてもらえると思い志望しました。

整備士としての経験が少ないので、貴社で学ばせて頂きたいと思い志望しました。

仕組や制度がなければ学ばないのかな?
この人は自発的に勉強したり出来るのかな?

解説

特に整備士経験がない方や浅い方は、研修制度であったり、先輩スタッフのフォロー体制が職場選びで重要なポイントかもしれませんが、職場は学校ではありません。

「教えてもらえる」「勉強させてもらえる」という「受け身な表現」に気をつけましょう。

「日々の業務を通じて、自分自身を成長させ貴社に貢献していきたい」など自発的に学ぶ姿勢や無資格者であれば「研修制度を活かし、●年以内に整備士の資格取得を目指す」など具体的な目標を伝えるとよいでしょう。

志望動機で採用担当者に良い印象を与えるには?

採用担当者に良い印象を与える志望動機は

  • 応募先の企業がスタッフに求めているポイントが理解できている事
  • 志望動機がポジティブである事
  • 志望動機に具体性がある事

が明確な志望動機です。

例え、本音の志望動機がネガティブだったり、具体性がなかったとしても、転職の際にはポジティブで具体性があるものにしなければいけません。

そのためにはまずは

  • 応募する企業の待遇以外にも募集条件や求める人物像、会社の理念(経営方針)などをしっかり調べる
  • 志望動機がネガティブな場合、ポジティブに言い換える
  • 企業が求める人材像をイメージした上で、具体的なエピソードも交え志望動機を考える

を行う事で、良い志望動機にすることが出来るでしょう。

もっと詳しく知りたい

経験別 志望動機の書き方と例文(サンプル)

履歴書・職務経歴書のフォーマット(テンプレート)は下よりダウンロードできます。

  • 職務経歴書フォーマットのダウンロード
  • 履歴書フォーマットのダウンロード(エクセル)
  • 履歴書フォーマットのダウンロード(PDF)

経験別

整備士

「整備士の経験がある方の志望動機サンプル・例文」をみる

例文を見る

整備士

「無資格・未経験から整備士になりたい方の志望動機のサンプル・例文」をみる

例文を見る

年代別・学歴別

高卒未経験

高卒者(クルマ系以外)から整備士への転職(就職)の例文

準備中

志望動機のNG例

NGワード集

志望動機で評価が下がる「NGワード集」

例文を見る

CLUTCH(クラッチ)求人編集部
CLUTCH(クラッチ)求人編集部

整備士の転職に関する迷いと悩みを解決するための情報を、編集部が厳選してお届けします。

会員登録はこちら(無料)