転職・就職お役立ち情報

転職ノウハウ/転職活動

整備士が失敗しない求人票の見方~月給、月収、年収、手取りなどの用語をきちんと理解しよう~

月給、月収、年収、年俸、手取りなど、給与に関する言葉は、正確な意味や違いなど、改めて考えると説明するのは難しいですよね。しかし、きちんと理解して、求人票を事前に確認することができれば、失敗しない転職活動ができます。わかりやすい図で、言葉の意味の違いを正確に把握しましょう。

目次
失敗ケース:転職で年収UP!なのに、急にお給料が減って、生活が大ピンチに…
図解!年俸、年収、月給、月収、手取りなどの意味の違いを詳細に解説
失敗を防ぐためには求人票をきちんとチェックすることが大事です

失敗ケース:転職で年収UP!なのに、急にお給料が減って、生活が大ピンチに…

ある転職サイトの求人で「年収400万円」と記載のあった企業に転職しました。
入社当初は月収27万円ぐらいだったので、前職よりもお給料が上がって、前より贅沢していたのですが、急に今月は月収23円万になってしまい、生活が大ピンチです…

(28歳 男性 整備士)

求人票に記載された「年収400万円」の内訳を見てみると…

月々の額 年間額
ボーナス - 100万円
月給 22万円 264万円
残業手当 3万円 注目! 36万円 注目!
年収(合計) - 400万円

実際は・・・

  • 残業が多い繁忙期だと残業手当→5万円
  • 残業がない閑散期だと残業手当→1万円

月で4万円の差!

この男性の給与明細の詳細を確認してみると、入社したばかりは繁忙期で残業も多く、残業手当が5万円ありました。今月は閑散期で残業が少なくその手当が1万円でした。想定していない時に月収が4万円も減ってしまったら、相当あせりますね。このように、残業手当やボーナスは額が大きく変わることも多いので注意が必要です。

注意

年収の額には残業代やボーナスなどの変動する手当が含まれます!
求人に年収の額しか表示のない場合は、月給はいくらになるのか、ボーナスや残業手当はどの程度を見込めるのかを、あらかじめ確認しておくことが失敗を防ぐ方法です。

point
  • 整備士の業界は繁忙期と閑散期で残業時間が大きく変わることもあるので、残業手当の変動に注意しましょう。
    月給、月収、年収の違いを理解して、どのくらい給与の変動が起こるのか予測しておくことが大事です。変動する手当の変動幅が大きい企業の場合は、あらかじめ貯蓄しておくなど対策を立てておくことができます。

図解!年俸、年収、月給、月収、手取りなどの意味の違いを詳細に解説

point
  • 「月給」「月収」同じ意味で利用しがちな言葉ですが、実は大きな違いがあります
    月給は「1ヶ月単位で定められた賃金」なので、毎月決まってもらえる金額を指します。1ヶ月の基本給に毎月固定で支払われる金額を足した金額を指します。
    月収は年収を1ヶ月毎にしたものなので、年収÷12の金額です。ボーナスや、残業手当、インセンティブなど、状況により変動する金額を月給に足した金額を指します。

下の図で月収25万と月給25万の場合で比較してみましょう。
手取り金額を計算してみると、月収の場合と月給の場合で、固定でもらえる金額に2.4万円の差が発生します。
月収と月給が同じ金額で記載があった場合、毎月固定(安定してもらえる部分)の手取り額は月給制の方が高くなります。
ただし月収制の場合には毎月変動する手当Bの金額が含まれるので、手当Bが多くもらえる月には手取り額が増えることもあります。
しかし、あくまでも毎月変動する金額なので、月によって金額が異なることを理解して求職活動を行うようにしましょう。

月給と月収の違い

※手取りの金額は、各種保険料・所得税・住民税など会社で引かれた後の金額になります。(20%引きで試算)
※手当A:毎月固定の手当(役職手当、家族手当、住宅手当等)
※手当B:月によって変動する手当(時間外手当、深夜労働手当、休日労働手当等)

用語解説

月給 1ヶ月単位で定められた賃金。1ヶ月の基本給+手当A
年収 月給×12+ボーナス+手当B
月収 年収を12分割したもの
年俸 月給×12ヶ月分
月の手取り額 月給+手当B-各種社会保険-所得税-住民税
①基本給 手当A、手当Bを除いた基本賃金のこと。一般的には、年齢・勤続年数・職種・技能などを基準に決定。
②手当A(固定) 毎月固定で支払われるもの。役職手当、通勤手当 等
③手当B(変動) 状況によって変動するもの。残業手当、インセンティブ 等
※細かい計算方法は会社によって異なる場合もあります
point
  • 手取り給与の金額は、月給の約8割と言われています。
    例えば月給が25万であれば、手取り額は月給の8割の20万前後が目安になります。実際に引かれる金額は、扶養家族の有無や、社会保険完備の企業かどうか等、企業毎に異なります。

失敗を防ぐためには求人票をきちんとチェックすることが大事です

求人票のここをチェックすれば失敗は防げる
記載の給与は、月給か、月収か、手取り金額なのかを理解しておく
毎月給与から引かれる金額が何かを確認して、手取り額を把握しておく
残業代やボーナス、インセンティブなど変動する手当に関して、金額やシステムをきちんと把握しておく

CLUTCH(クラッチ)求人の求人情報に記載されている「給与」は、月給・日給・時給なので、基本的には残業代やボーナスなどの金額は含まれず、所得税などを差し引く前の金額となっています。給与以外の手当については、求人票に書いてある場合とない場合があるので、詳細の金額などはきちんと担当者に確認すると良いでしょう。

※正しい情報をお届け出来るよう努めておりますが、求人票はあくまでも求人広告であるため、過去の裁判例によると、実際と異なっていても求人票の条件を求めることは原則として難しいようです。雇用契約書を締結するときに、きちんと給与に関しても詳細を確認してから、署名・捺印をすることをお勧めします。

CLUTCH(クラッチ)求人編集部
CLUTCH(クラッチ)求人編集部

整備士の転職に関する迷いと悩みを解決するための情報を、編集部が厳選してお届けします。

会員登録はこちら(無料)